第57回 全国教育女性連盟研修大会概要
研究主題 「今、輝いて生きる」 〈第3年次)
─人との関わりを大切にし、   
   生涯学び続ける人間のあり方─   

◎研究主題について

 数年に及ぶ、コロナ禍の下、人々の生活は変容し、生き方の価値観もさらなる多用化を見せている。
 研究主題は第55回から、 「今、輝いて生きる」と設定し、明るく前向きに生きがいを求めて生きることを目標として、3年目を迎えた。
 コロナ禍で人との交流がさらに希薄化したこと等を踏まえ、今回もサブテーマを「人との関わりを大切にし、生涯学び続ける人間のあり方」と設定した。
地域では行事等が中止されるなど、近隣の人々との交流も少なくなり、施設入所の家族との面会も制限されている。一方、学校では情報機器がより活用され、企業ではテレワークが普及するなど社会のあり方も変化している。
 このような中、やはり人と支え合い、助け合うことの大切さを実感し、人と直接会い、語り合い、笑顔を交わしたいと願う。
 国連のSDGs(持続可能な開発目標)も提示している「だれ一人置き去りにしない社会」を構築していくことが大切であり、人と共に喜び、貢献しながら、自他共に輝き、幸福感を感じることも学び続けていきたい。
 私達は今後も、輝いて生きることを目標として、社会に関心を持ち、社会に参加し、人間を愛し、人生百年社会を生きるモデルを築いていくために、人との関わりを大切にし、生涯学び続ける人間のあり方を目指していきたい。

  1. 期日   令和4年6月4日(土)・ 5日(日)
  2. 会場   新宿アイランドタワー4階研修室  
         〒163-1312 東京都新宿区西新宿6-5-1

 3. 参加者  会員その他参加希望者

 4. 日程

 5. 教育懇談会について
 教育懇談会では全体説明の後、グループ毎に話し合います。参加者全員が忌悼なく語り合える会にしたいと思います。 (話し合いの方法について変更する場合もあります。 )
  ○ 話し合いの視点
    「社会のあり方が変わった中、人との関わりをどのように工夫していますか」
  ○ 方法と流れ
   ① 研究主題とサブテーマ・話し合いの視点について説明
   ② 小グループで懇談
   ③ 各グループより懇談内容を発表
   ④ まとめ

( 1 ) 参 加 費 2 , 5 0 0 円( 資料代・昼食代を含む) 当日会場受付にて納入願います。
( 2 ) 申し込み期限 令和4年5月6日(金)
( 3 ) 申し込み方法  会員の皆様には会報とともに「研修大会参加申込み」はがきを同封にてお送りしています。また、E メールによるお申し込みも可能です。  
 ①ご氏名 
 ②郵便番号とご住所 
 ③電話番号 
 ④参加される日(「6月4日のみ」 又は 「5日のみ」 或いは 「4・5日両日」)をお知らせください。 
    送信先は   z.k.joseirenmei@bc5.so-net.ne.jp  です。

   大会参加申し込み後の変更は、電話またはファックスでご連絡ください。
( 4 ) お問い合わせ・連絡先
〒160-0022  東京都新宿区新宿2-15-24 ヒカリビル801号室 
         TEL・FAX 03ー3353ー5290 

        全国教育女性連盟 事務局長 橋本千恵子



開会式  10:00~10:30
講演   10:30~12:00
     演題「最近の教育状況(仮題)」
     講師 文部科学省の先生(未定)
総会   12:00~12:25
    ・開会
    ・会長挨拶
    ・議事

     ①令和3年度事業報告
     ②令和3年度決算報告
     ③令和3年度監査報告
     ④令和4年度事業計画(案)審議
     ⑤令和4年度予算(案)審議
    ・役員・常任理事紹介
    ・閉会
昼食   12:25~


講  演  10:00~11:30
    演題  「ダウン症の娘と共に生きる」
    講師  書家 金澤 泰子 先生
昼食・休憩 11:30~12:20
実践発表  12:20~14:00

① テーマ 「新たな『知』を創造する児童の育成をめざして」
  ~未来ものづくり科のためのカリキュラム開発~
  発表者 東京都大田区立道塚小学校校長 大場 寿子 先生
② テーマ 「主体的に行動できる児童生徒の育成」
  ~防災教育を中心とした安全教育の推進~
  発表者 埼玉県川越市立霞ヶ関西小学校校長 長谷川 郁代 先生

教育懇談会 14:00~15:00

 ◎研究主題「今、輝いて生きる」 3年次
  ─人との関わりを大切にし、生涯学び続ける人間のありかた─
 〇 話し合いの視点
「社会のあり方が変わった中、人との関わりをどのように工夫していますか」

閉会式   15:00~15:15